左舷から見た海原。
右舷から見た海原

 

 

 

 

フェリーのベッドは快適だった。ぐっすり眠り、朝食と昼食が一緒になってしまった。

            ↓

 

 

 

 

全く疲れを感じさせない晴れやかな顔(?)は若さからくるのか。

             ↓

             ↑

苫小牧出光興産の火災に出動した救援隊の帰隊と同船した。

東京消防庁・川崎消防局・藤沢消防局からなっていた。

隊員の方にご苦労さまでしたと声をかけるとにっこり笑って「ありがとうございます。任務ですから。」とさらりというところに爽快な響きを感じた。

            ↑

 

船倉にならぶ車に乗り込む。いよいよ家までの最後のドライブだ。

 

 

 

     

自宅に戻りました。
2003.10.16(木) 主な経由・訪問地
天候  晴れ  

大洗
水戸
笠間
真岡
宇都宮
今市

自宅  泊

延べ走行距離    2565km
健康  極めて良好