HOME Schedule 6日 7日 8日 9日 11日 12日 13日 14日 15日

inair.gif (4553 バイト) 史志とコウのニュージーランド旅行記
 
 

1998年1月10日 アロータウン(Arrowtown)

               ティアナウ(Te Anau)

 アロ−タウンに向かう途中、偶然にも町のお祭りらしきものに出会った。馬に乗った人が大勢集まっている。イギリス風の礼装に身を固めているので、またまた野次馬根性で止まり、見ていくことにする。よく見るとすべて女性で、障害物競走が行われるところであった。ニュージーランドはイギリスの植民地であったが、その後独立したものの現在もイギリスのエリザベス女王を君主としている。イギリスの歴史が色濃く残っていることがわかる。すぐ隣では羊の即売が行われていた。さすがニュージーランドである。
  

 今や全く見慣れた羊の群。

 
 
 

 130年前、ゴールドラッシュで栄えた町アロータウン(Arrowtown)を訪問。その入口には次のような看板があり、今でも町の様子がそのまま保存されている。博物館も大変見応えのあるものであった。通りの両側は当時そのままだが、店の中は観光客相手の土産点になっていた。
 

    
 
 

 
  町中を走っているとまたまた珍しいものに出会った。この人だかりは後ろの家のオークションである。後ろの方からちょっと失礼とカメラに納めた。
 

 
  同じ羊の群でも、これは私のイメージにぴったりのニュージーランド風景。思わず車を止めて撮影。気に入っている写真の1枚である。
 
 
 
 
  今回の旅行の一つの目的地、フィヨルドランド国立公園の中心ティアナウ(Te Anau)に到着した。ここは日本から電話で予約しておいたモーテルである。モーテルの部屋から見た景観は素晴らしい。正面は国内第2、南島では1番の広さを持つティアナウ湖。
 
 
  町中はゆったりとしていて、どこにもたくさんの花が咲き乱れ、本当に美しい。
 
 
  ニュージーランドにはたくさん飛べない鳥がいる。これは本来外的となる肉食動物が居なかったからで、翼が退化して飛べなくなった。しかし人間が入ってきてから外来動物を持ち込み、生息環境は激変し、中には絶滅の危機を迎えている。そのため自然環境保護には大変な力を入れている。飛べない鳥の代表はNZ人の代名詞にもなっている国鳥キーウィ。この鳥は夜行性のためついに見ることができなかった。この鳥の形に似ているフルーツにキーウィがあるが、この鳥から名付けられた。
 写真の鳥は同じ飛べない鳥だが、「タカヘ」といい、今や150羽ぐらいしか生息を確認されていない。これはティアナウの Wildlife Centre で見ることができた。
 
 
  一昨日、ここから飛び立ちクイーンズタウンに向かった同型の水上軽飛行機が墜落し、日本人の新婚夫妻とパイロットが死亡した。悪天候が原因だった。地元新聞でも大きく報道されていた。ニュージーランドには飛行場がたくさん点在し、このような飛行機による遊覧が盛んである。今回は見合わせることにしよう。
 
 
  この町と湖の地名になっているTe Anauとは、マオリ人の伝説で「テ・アナヒナトレ」(燐光の洞窟)という名が付けられていた。「テ・アナアウ」(激流の洞窟)は、マオリ人がこの地を去って以来、洞窟の存在は単なる伝説となっていたが、1948年、探検家により壮大な石灰石の洞窟を発見し、中に多数の土蛍が燐光を放っているのを発見した。湖の対岸にあるこの洞窟へは船でしか行けない。中はたいへんな激流で、二度ボートに乗り換えてあがっていくと、無数の点の明かりが見えてくる。土蛍である。明かりを嫌うためフラッシュは禁止されていて、撮った写真が下の写真である。かすかに白く見えるのが土蛍である。この正体はキノコバエという昆虫の幼虫で、発する光で昆虫を誘い、体から垂らしている粘着性のある糸で獲物をとらえる。何とも沈黙と暗闇の中での不思議な地底探検であった。
 

  モーテルの中は台所用品は揃っている。2日間泊まるのでスーパーに買い出しに行くことにする。牛と羊の肉・ソーセージ・レタスとトマト・ピザ・パン・チーズ・マヨネーズ・胡椒・塩などを買い込んだ。風呂に入ってから肉やソーセージを焼き、豪華食事がテーブルに並んだところで、冷蔵庫で冷やしたビールで乾杯。何だこの味は。ビールと思って買ってきたのがソフトドリンク。よく見なかったからなあ、と反省しきり。お陰で楽しみのアルコールは今日はお預け。
 ところがこのハプニング次の日も続くことになる。ニュージーランドでは日曜日は酒の販売は禁止。お陰でティアナウ滞在の2日間はアルコール抜きとなってしまった。
 

  
 
 

HOME Schedule 6日 7日 8日 9日 11日 12日 13日 14日 15日